フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS vs Android

2011年年初にあたり大胆予想をしてみたい。2010についに搭載機か、販売開始となったAndroidは今年どのようにiPhoneを追撃するのだろうか。iPhoneのシェアはAndroidに取って変わられるのであろうか。開発者としては、iOSとAndroidのどちらを使うべきだろうか。

予想その一、iPhoneの独走は続く。端末の出来はまだまだiPhoneの方が数段上である。センスの部分がまだiPhoneに追いつくのに時間がかかりそう。すぐにシェア逆転はなさそうだ。

予想その二、変化がはじまる。複雑ネットワークの観点から数が大きいグループの方に新しいノードが繋がる傾向がある。普通に時間が経てばiPhoneのグループの方がますます利用者は増えていく。しかし、これは同程度の利用しやすさの前提がある。Androidの方が利用者、開発者にとって使いやすければ逆転の可能性がでてくる。Androidは下回りはLinuxを使っていて、オープンソースである。この利点が決定的にユーザーを引き付ける可能性がある。次第に勢力図は移るかもしれないが、時間がかかる。目に見えるのは2011年ではなさそうだ。

というわけで、開発者はiOSとAndroidのどちらに備える必要があるのか。答えは両方ということになりそうだ。アプリケーションが出来たならば、両方のプラットフォームで売れたほうがいいに決まっている。労力は倍になるが、マーケットが広がるなら両方に出すべきだろう。両者の機能はほぼ変わらないと考えられる。ということであれば、どちらかが新しい機能を入れれば追従する可能性が高い。開発者としては両者の違いと同じことをさせる手段を押さえておくべきだ。どちらが主流になるか分からない時であればなおさらである。

iOSはiPhone、iPadで使われるとは言え用途が限られている。Androidは携帯に限らず様々な電子機器に入り、多様なハードの制御に利用されそうだ。iPhone、iPadといった限られたプラットフォームで勝負するならばiOS。広く受けるならAndroid。使われかたが異なる両者を比べるのは正しくはないかもしれないが、Androidの出番は多くなりそう。ということは、スマートフォンはまだまだiOS、いろんなデバイスを考慮すればAndroid、ということが言えそうだ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。