フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検準一級採点

昨日の準一級の解答が公開された。以下、自己採点の結果。

Reading Part1 18/25
Reading Part2 2/6
Reading Part3 16/20
Reading Part4 8/14

Listening Part1 7/12
Listening Part2 9/12
Listening Part3 6/10

66点で微妙に合格ラインに達していない模様。作文の採点結果で何点か変わるがそこは期待しない。

今回の失敗はReading。Part2は得点率が低いのではじめから捨てていた。1→4→3→2という順番で解いていったのだが、Part4に思わず時間を取りすぎてしまったためPart3の長文を終えた後でPart2に回す時間が無くなってしまった。(しかたなく適当にマークして2点獲得した。。。ちなみに問題は読んでいない。)

ListeningのPart1が思ったより取れていなかった。Listeningの21点は実は前回と同じなので、耳レベルは上がっていないのか?いやいや、もっと聞こえていたはずだが点になっていないのでちょっと悔しい。

一年前のテストでは61点だったため、随分合格ラインに近づいたとも言える。が、やはり遠い。しかし、評価すべき点はある。単語を集中して勉強したため明らかにPart1が上がった(ここだけで+4点)。少しづつでも積み重ねて早めに準一級と決着をつけたいものである。(今は合格ラインが7割でどうこう言っているが、一級だと問題が難しくなって合格ラインが8割だとか・・・)

というわけで、つづく。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。