フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデアマラソン

ここ最近、いろんな人に話して回っていること。
それは「アイデアマラソン」という発想法で、
3月に数年振りに再会した友人から聞いたもの。
(その後、日経アソシエにも紹介記事が載った。)

ルールは簡単。
 自分のオリジナルのアイデアを毎日1件以上出していくこと。
 分野は限定しない。仕事のこと、仕事以外の分野に関係なくアイデアを出す。
 新製品、製品の改良、だじゃれ、俳句、目標、なんでも良い。
 挿絵をつけたり、絵で説明するのも効果的。
 などなど。。。

「1000件の発想を書けば人生は変わる」
という謳い文句につられてはじめてみて3ヶ月。
変わってきた気もするし、これから先の変化はもっと大きなものだろう、
と想像をしているところ。

昨日書いた「あったらいいな」はアイデアマラソンで思いついた。
考えることが楽しくなってきて、そろそろ発想1000件が見えてきた。
もっともっと発想を出せるかもしれない。
めざせ、100万件! いけるかな?


日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)日経ビジネス人文庫 企画がスラスラ湧いてくる アイデアマラソン発想法 (日経ビジネス人文庫)
(2004/01/07)
樋口 健夫

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アイデアマラソン

こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。アイデアマラソンを開始されて継続されていること、素晴らしいですね。思いの入った日記でも、計画でもなんでもかまいません。新しいことをどんどん書き込んで、どんどん増えていく自分の記載した発想を、眺めてください。
アイデアマラソンの公式サイトはご覧になりましたか?
http://www.idea-marathon.net

最新の本は、
「一冊のノートで始める力続ける力をつける」(こう書房)です。

樋口健夫 | URL | 2008-06-23 (Mon) 08:17 [編集 ]


樋口先生こんにちは。コメント頂き感激しています。今日も新しい発想を書きました。毎日何かを続けることのパワーを少しづつ体感しています。

アイデアマラソンの公式サイト、拝見しています。
実は「恐怖百貨店」のファンです。

「一冊のノートで始める力続ける力をつける」も読んでみたいと思います。ありがとうございます。

フク | URL | 2008-06-23 (Mon) 23:59 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。