フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西の魔女が死んだ

都会で疲れてしまった『まい』は、ママのママ、おばあちゃんの所で暮らす。
おばあちゃんが住む田舎には山や木々、草や花が咲いている。
苺を摘んでジャムを作る、ニンニクを植えて虫除けにする。
イギリス式で、昔ながらの暮らしをするおばあちゃんは、洒落ている。
そしてこのおばあちゃんは魔女なのだ。
黒ずくめの衣装で箒にまたがって空を飛ぶわけではないけど。
このおばあちゃんの考え方がすごく好きだ。
悪魔に負けないように、精神を鍛えること。
早寝早起き、食事をしっかり、規則正しい生活を。
何事も自分で決めるのです。外部からの刺激に反応してはいけません。
『まい』だけではなく、自分を含めた、現代人に対するアドバイスだ。

怒ったり、やる気が出なかったり、夜更かしをしたり、寝不足だったり、
自分の心と体がコントロールできない時は悪魔が邪魔をしているのだ。
規則正しく生活をし、自分で決めた時間の使い方ができること。
自分自身をコントロールできることが悪魔に負けないことだし、
魔法使いのように人生をうまく生きていくことではないのかな。

自分の母は、「気を使いすぎぬよう」と前に話をしていた。
気を使うというのは、人を思いやる意味ではなくて、
羨ましがったり、妬んだりするというマイナスのエネルギーのこと。
余計なエネルギーを使わぬようにと教えてくれた母は、今も西に住んでいる。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。