フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

glee

今、「glee」にハマっている。

glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]glee/グリー 踊る♪合唱部!? vol.1 [DVD]
(2011/01/07)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る


初めてgleeを見付けたのは近所のレンタルショップにて。ミュージカルの映画・ドラマで面白いのがないか、と物色していたときだった。「glee」。新作の海外ドラマで「glee」。高校のときグリークラブだった自分としては、これは!?と若干の驚きを隠せないでいた。というのは、普通gleeは男声合唱のことを指すのにこのドラマでは男女混声、しかも踊る!? というなんだかカッコイイ合唱部である。これは見るしかないではないか!

gleeのノリについていくまで多少時間が必要だった。1話がだいたい45分。歌のパートを楽しみにしていたら、ドラマパートが長くて若干待ちくたびれてしまった。でも、ドラマパートも次第に『ツボ』がわかってくると楽しめてくるんだなあ。この学校のgleeクラブ、運動系のチア部やアメフト部からすると、超マイナー。gleeに所属する、という微妙な空気感が良くでている。自分が入っていたgleeも全く同じなのですごく「よく作ってるな!」と感じてしまう。特に、運動部の子がgleeと掛け持ちしているところ、両方の部活の折り合いを付けようとするところなんか、ああ、あるある、って思ってしまう。ちなみに、自分はバスケット部とグリーのかけもちだったりした。。。グリーって伝統的に掛け持ち制なのかしら??

そして、gleeで歌う曲が良いのだ。残念ながら知らない曲の方が多いのだけれど、それでも歌っている彼らはすごくカッコイイ。自分が高校生の頃にgleeがあったら絶対マネしてただろうなー。たまに知ってる曲がでてくると「あ、あの曲だー!」って感じで超嬉しい。80年代のポップスよりもミュージカルの楽曲のほうが知ってる曲多し。ま、知ってても知らなくても楽しいのだ♪

海外でははやくもシーズン2、日本では4月からBSで放送するのこと。知人に話してもあまり反応が返ってこないgleeは間違いなく「来る」。むしろもう「来ている」と言うべきでしょう!

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。