フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬上、枕上、厠上

考えるに適した場所。馬上、枕上、厠上。これに加えて「ラン上」。つまり、ジョギング中、走っている最中をもう一つ加えたい。

馬上は今や電車やバスの中。通勤に長時間かかる場合もあるが、ゆっくり考え事ができる環境は得がたい。厠上は確かに一人になる場所ではあるが、現代人はその場所で考えごとはしていない。腰を落ち着ける場所ではない。枕上は朝目が覚めて起きるまでの間。考え事より眠気優先でギリギリまで寝ていては考える間もないのである。

だいたいリビングにいると家族が話しかけてくることは普通にある。本を読むにも「じゃましないで」オーラを出さないとなかなか集中できない。考え事なら本を持っていないのでなおさら無防備である。しかし最近気が付いたのは、ジョギング中は実は最も長い間、人と会話をしない時間であるということだ。じっくり考え事をするのには最適な環境なのである。体力をつけて長時間走れるようにしよう。散歩だといろいろ目に入ってきて考えがまとまらない。ちょっと走るがあまり早くなく、ながーく続くくらいのペースで走り続けよう。すこし負荷がかかると周囲の情報をカットするモードに入るようだ。この状態で体を動かしていると一つのことに集中して考えることができる。問題なのは、ジョグ中なのでひらめいたことを紙に書き留めて置けないことだ。がんばって頭のノートにメモしよう。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。