フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーエンジニアへの道

自分にとても良い影響を与えてくれた本の一つ。ワインバーグの「スーパーエンジニアへの道」。随分昔なので正確に覚えているわけではないのだが、この本を読んだ時期とコンピュータの仕事が楽しくなってきた時期が近かったようだ。とにかくすごく良い本であるという印象が強い。

この本は何の本か?問題解決型リーダーになるための教科書である。加えて、前書きに訳者の注意書きがあるのだが、コンピュータの分野に限らず様々な分野に応用することができる本である。ワインバーグの本は一通り押さえておきたい。その中でも真っ先に読んでおくべき本であると言える。

実はこの本、以前は手元に持っていたのだが友人に読ませるついでに譲渡してしまい今は手元にない。そう、実はこの本は読了していないのだ。なにしろボリュームがあり、考えさせられることが多い。ワインバーグも一気に読み通すことを想定して書いていないと思う。たまに手に取り、読み、考え、しばし寝かせる類の本だと思う。確か、章の最後には「こんなことをやってみなさい」という課題があったとはずだ。近々、買って読み直さなくてはならないと思っている本である。


スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学
(1991/10)
G.M. ワインバーグ

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。