フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone&iPod touchアプリを作ろう! の続き。

先日から参考にしているiPhoneアプリの参考書だが、とても使いづらいのでGiveUpすることにした。普通の神経ならばせっかく買った参考書だから最後までやろう、と思いがちだが途中で投げるのが多読式。つぎ、いってみよー。

と、その前に、この本の何が悪かったか明らかにしておこう。タイトルは「iPhone&iPod touchアプリを作ろう! 」だ。アプリを作ろう!とあるので確かにアプリを作るスタートラインにたつことができた。ここまでは評価しよう。しかし、肝心のサンプルコードが動かないのでは話にならない。解説がPoorなため、デバッグする情報が不足しており、投げるしかないのが現状である。場所は2-3 描画のためのテストプログラム。入力したが期待通りの動作にならない&コンパイルがエラーで完了しない。3章にはキーボードをあつかったサンプルアプリも掲載されているが、2章のソースの品質からすると3章をトライする気には慣れない。

悪い点をもう一つ挙げると、オペレーションなどで勝手に用語を作って説明文を書いているので、行間を読まないと正しい操作が読み取れないことである。「黒いウインドウ」という説明は勘弁してほしい。他にも、操作の説明で「右クリックすると」などあるが、Macにて「右クリック」とはどのような操作なのかと。Xcodeのメニューにある「アクション」ボタンが相当すると考えられるが、これは自分のMacに対する知識不足が問題なのだろうか?とにかく読み手に労力を要求する。あと、ショートカットの説明をさらっと混ぜるのも問題だ。リファランスとしてまとめておくべきではないだろうか。

と、さんざん書いたのだが評価すべき点は多々ある。コンソールの利用を混ぜているところ。巻末にターミナルを使った簡単なコンパイルの解説を付けているところ。Macの裏側がUnixであることを実感できる記事であった。どうせならアプリ1本、最初から最後までターミナルで作るところまで尖ってほしかった。まあ、良いところもあり、悪いところもあり。とはいえ、プロジェクトの作り方とかはこの本で覚えたかもね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。