フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユメみるiPhone

iPhoneアプリ開発の本、その2として選んだのは『ユメみるiPhone』。まだまだサンプルアプリを触ってみないと作り方の感触が掴めないので、事例集が欲しかったこと、この本で扱っているアプリがぱっと見て楽しそうだったことが選んだ理由。とくに技術書などは自分のレベルに合った本を選ぶ能力が必要なのだが、面白そうと思えることが判断基準の一つとしてありそうだ。

サンプルコードを書き、解説を読むと二冊めということもあり結構頭に入ってくる。クラスメソッドはヘッダに書いても実体は.mファイルに書かないと動かないよー、などは知ってる人は当然でしょ?となるところだが紙面を割いてきちんと説明しているところが嬉しい。オブジェクトの関連付けも結局ドラッグして線を引っ張る必要があるのだが、.zibファイルの正体は実はこれこれで〜と解説してあり、なるほどと納得した。全体的に説明がうまいと思う。ただし、クラスの話などオブジェクト志向の本一冊に書かれる内容を数ページに収めて解説しているところははじめての人は理解に苦しむかも。でも、説明しようと試みているところは素晴らしい!と思う。

サンプルアプリも順を追ってボタンを増やしたり、リソースファイルを追加したり、クラスを追加したりする。やはり、解説通り組んでもエラーの嵐である。しかし今回は、Webサイトにアプリの完成形が掲載してあり、見比べて訂正することができる。これは大きかった。

デバッグがすこし出来るようになってきた。このヘッダはインクルード必要だろうな、waveファイルがないから音でるはずないじゃん?などといったエラーケースを想定できるようになってきた。少しづつであるが進歩が見えると嬉しい。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。