フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今Macを買うなら?

友人kから「もうじきMac買う!」宣言を聞いて数ヶ月、タイミングを計っていたのだがこのたび購入に踏み切るとのこと。アドバイザーとしてAppleストアに同行するのであった。とはいえ、友人kはすでに前回Appleストアで話を聞いており、だいたいの方針は固まっていた。これまで白い、いわゆるMacBookを買うつもりだったのだが、「Mac Book Proに良いのがでている」ということで、気持ちはすっかりPro寄りなのだそうだ。

ここで改めて、今現在のMacBookのラインナップを確認してみた。
まず、MacBook。1~2年前に値段を下げて\88,800という値ごろ感。無線LANも有線LANもDVDも付いて1台で何でもできるのがポイント。13インチで持ち運びも可。CPUはCore2Duo。エントリーモデルには最適と考えられていた。

次に、昨年の冬に新しくなったMacBookAir。11インチ、Core2Duoで\88,000から。フラッシュストレージを採用し、軽く、小さく、持ち運びに最適。DVDは外付け、有線LANポートもなし。ある意味シンプルさに特化したモデル。ちなみに自分が昨年買ったのは13インチのAir。でメモリを増やして使っている。

これに対し、今年の2月にMacBookProが一新している模様。サイズは13,15,17インチの3ライン。13インチは持ち運びノート、15,17インチは据え置きノートという感覚である。驚いたのはすべてCorei5/i7に乗り換えているところ。モデルチェンジ前のMacBookProはたしかCore2Duoだったので(ちがってたらごめんなさい)、これは良いタイミングと言える。

Mac一台目として友人kが選択したのは、13インチのMacBookPro。Corei5のモデルで巧いところに納めた感じ。今だとキャンペーンでHPのプリンタがキャッシュバックで無料のように付いてくるのがポイントである。

今回アップルストアを巡って気がついたのだが、iMacも一新していたようだ。全部のiMacがQuadCoreのCorei5/i7を搭載。値段も\108,800からと思ったより安いのが印象的だった。デスクトッップ派ならば触手が伸びるのではないだろうか。自分としては今年の夏に予定されているOS Lion待ちではないかな、と考える。あと、Magic Mouseにはかなり惹かれたかな。

そしてアドバイザーの報酬は中国山東料理、瑛琳。美味しかった! しかし、アドバイザーのミッションはこれで終わりではなかったのだ(つづく)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。