フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検準一級プレテスト

次の日曜日の英検準一級受験に備え、何度目かの模擬試験を実施。結果は66点とあと4点は欲しいところ。前回の試験のときのレベルを維持できているといえば聞こえがいいが、全く進歩していないという見方もできるのが微妙なところだ。筆記46/65、リスニング20/34とリスニングが足を引っ張っているのが明白になった。しかもリスニングのPart2が12点中4点しか取れないという悲惨な状況になっている。裏を返せば、このPart2の試験形式に対応できさえすれば、なんとかなるのではないだろうか。

リスニング試験のPart2は2問セットの問題で、リスニング分が流れた後に2つの質問が流れ、それぞれ選択肢の文章を「読んで」回答する。選択肢の文章をいつ読むかがポイントである。(1)問題文が始まる前に読んでおく (2)問題文を聞きながら読む (3)問題文を聞いた後、質問文が流れて答えを選択する時間に読む。本来のテストの想定は(3)と思われるが、(3)のところだと選択肢に迷って次の問題に進まなくてはならないときに混乱してしまうのであまりやりたくない。できれば(1)と行きたいところだが、全部読みきる前にリスニング文が始まってしまい、結果(2)のようになってしまう。要は、(1)ができるような読み方をするか、(2)ができるように慣らすか、そこが問題だ。ちなみに答えはまだ見つかっていない。

他にも重点対策をしたいのは、筆記のPart2とPart4である。Part2も実は安定して点が取れない。作文も思ったよりすらすらっと書きあがらず、言い回しに悩んで思わぬ時間を使ってしまうことがある。Part2は文章の流れを押さえること、Part4は毎日少しづつ書く練習をすること。後は試験当日に集中できること。集中力を2時間持続させること。あきらめないこと。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。