フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委任と請負

そういえばプロマネの勉強をしたときのことを書いていない。PM対策で教本を一冊読んだが、ESやSA技術系と毛色が違い特に新しくテクニカルなことを覚えなくてはならないという感じがしなかった。このため、覚えたことを書いて整理するタイミングがなかったのだが、注目すべきテーマがないわけではなく、むしろトピックとして面白いものが多い。少しばかり振り返って書いてみることにする。

プロマネで重要なテーマの一つとして、契約の話がある。ソフトウエアの受託開発と一口に言うが、契約形態により仕事のやり様が大きく異なる。契約形態は大きく分けて委任と請負。正しくは法律専門サイトに任せるが、ざっくり言えば委任は顧客から指示された内容を遂行し、仕事をした結果を納める。請負は最初に何を納めるか取り決めを行い、受託側は仕事をし、成果を納める。

ポイントは2つ。まず、仕事のしかた。委任は作業指示は顧客が行い、請負は作業指示を行わないこと。次に、完成責任。委任は完成責任はなく、行った仕事がどうであれ、労働時間などに対して対価が払われる。請負の場合は完成責任は受託側にある。その代わり、何時間仕事をしたかについて問われることはない。

仕事の内容が固まっている場合は請負はやりやすい。なぜならば、成果物が明確であり、値段が付けやすいから。反対に、お客さんと一緒に考えながら作る場合は委任の方がやりやすい(成果物が明確でないため)。ただし、委任の場合は値段の付け方、値段に対して妥当な仕事だったか評価することが難しい。とにかくスタートしなくては、という場合は委任の方が始めやすい。

ソフト開発の常套手段としては、完成責任を請負にくい要件定義までは委任・順委任で仕事をし、設計工程以降の規模が見積もれるようになったら請負で契約していくという方法がある。どちらにしても、最初にどこまで仕事をするか、完成責任、成果物の権利など取り決めをしっかりすることが肝要と考えられる。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。