フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jazz

2ヶ月間続いた「300」が終わった。さすがに1ヶ月を超えるとしんどい。今が何月か分からなくなってくる。たしか、まだ夏だよね?という気分でいるのだけれど、外は秋の気配など漂ってきたりしている。気が付けば9月の終盤、今年のクールビズ期間も終わろうとしている。そんなささやかなことに気が付くようになるとようやく終わりだな、という実感が沸いてくる。忙しさの後に付いてくる燃えつき症候群が待っているのだが、それとは上手く付き合うことにして。

忙しい時期が終わり、ちょうど時間も取れる。そこにたまたま「Jazzライブ行かない?」という誘いがあり、Jazz初体験をすることになった。これまでJazzは録音でも聴いたことがなく、予備知識は「即興」で楽器をやるということ、プラス、山下洋輔の「私の履歴書」程度。ドがつく素人でJazzの何が分かろうか。。。と思いつつも、開演の時間となり、曲は始まる。1曲目は『Fly Me to the Moon』。定番のあの曲がJazzだとこうなるのね、と一度でわかった瞬間だった。

田中裕一 A hill of the sun group。ドラム、ベース、ピアノ、ギターの構成。Jazzといえばサックスやトランペット、ピアノという印象が強かったが、Jazzギターというのははじめて。なんか、すごいな、という感じ。Jazzのルールというのがあるのか、無いのか良く分からないけれど、感じたのは、山下洋輔風に言えばとにかく「危険な感じがする」ということ。危険というのは、クラシックスタイルの音楽に比べて、かなり価値観が違うということ。はたして、自分にクラシックスタイルの楽器の経験があったろうか??というのは置いておくとして、とにかく何が正しく、何が悪いか判断が難しい感じがした。始めは4人とも主旋律に沿って演奏しているのだが、あるとき一人がちょっと変えてみる。それに応じるかのようにもう一人がさらに変えてみる、といった感じなのだろうか。。。楽器によって走りだすとがらりと印象が変わってしまうのが面白い。まず、ピアノ。普段繊細なピアノが仕掛けるとかなり激しい曲調に変わる。ピアノが打楽器だと感じる瞬間である。そしてドラム。大抵、リズムをキープするドラムが大きく崩しに掛かると曲がダイナミックに変わり、非常に面白く、かつカッコイイ。ベース、ギターが変えると曲の主題が変わるような印象を受けた。それぞれのパートが協調、独走、そしてまた一緒になるところがJazzの面白さなのだろうか。

見ていて、へーと思ったのが、楽譜。みな、1枚っぺらの楽譜しか見ていない。ドラムの人などは最初から楽譜なしなのだ。そういうもんなんだー、という発見もあったJazz初体験。自分も何か楽器をやりたくなったなー。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1日30分、たった1ヶ月!で上手く吹けるようになった吹き方とは?

プロのトランペット奏者を目指してプロのレッスンを受けていたにもかかわらず全く上達できなかったのに、1日30分1ヶ月!で上手くなってしまったトランペットの吹き方の「コツ」を知りたいですか?何をどうしても上手くなれなかったのになぜ1日30分1ヶ月でコンチェ...
[続きを読む]

目からウロコのトランペット上達法 | 2011-10-04 (Tue) 08:43


さあ!サックスを吹いてみよう!!

どうすれば、いかに短期間で、壁になるべくぶち当たらず、 良い「自分の音」を作ることが出来るか?90日間の挑戦に賭けてみますか?それとも変わり映えのしない音のまま3ヶ月後を迎えますか?
[続きを読む]

あなたのサックスの音が90日で人に認められる音になる方法!! | 2011-10-06 (Thu) 08:27


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。