フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書き初め

友人から「毎年正月には(PCの)ツールを作ることにしている」という話を聞いて以来、自分でもやってみようと思っていた。つまりソースコードの書き初めである。新年にあたり、こうして新しい気持ちでキーボードに向かうのは良いものだと改めて感じたりする。

さて、と本格的にツール作りに入る前に、以前から不便でしかたが無かったことを解決しようと考えた。それはMacのキーボード操作である。これまでWindowsしか使ってこなかったのだがMacを使うようになって思うように操作ができず困っている。最も気になっていたのは、アプリケーションの切り替え。例えば、ブラウザを複数のウインドウで立ち上げているとき、ウインドウ間の切り替えができないことに不便を感じていた。もちろん、マウスを使えば切り替えはできるのだが、ショートカットでパチっと切り替わって欲しいのである。Windowsの操作だと「CTRL+TAB」。これをMacで動かすとアプリケーションの切り替えになる。つまり、Finder > Safari > Xcode...という具合に切り替わるのだ。そうではなく、Safari内で画面の切り替えがしたい。

調べてみればすぐに答えは見つかるのだが、「Command + F1」が正解のようだ。ただし、Macの機種によって「Command + fn + F1」。我がMac Book Airの場合は後者の要fnのパターン。必然的に、右手でCommand+fn、左手でf1または、shift+f1を担当することになりそう。ついでに覚えたのが、「Command + N」で新規ウインドウ作成。つまり、Safariで調べものをしていて別ウインドウで検索したい場合、「Command + N」で新しい画面を出して検索、その後「Command + fn + F1」で戻ってくるということがようやくマウス操作無しでできるようになった。確かにマウスは便利だけれどやはりキーボードショートカットは習得必須。人がコンピュータに向かっていられる時間(集中力)には限りがある。ショートカットを使って少しでも作業の流れを妨げない工夫をしたいところ。

ということで、これまでの悩みであったアプリケーションの切り替えはできるようになった。ところでツールの書き初めは?どうやらブログの書き初めのほうが先にできてしまいそうだ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。