フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-2 x -2 はなぜ4?

2 x 2は4。
-2 x -2は4。
どうして?

リンゴが2個ある。2個が2グループあれば全部で4つ。
リンゴが-2個?それが-2? となるとちょっと理解が難しい。。。

ちなみに2 x 2 =4を英語で読むと、
Two times two equals four.
かけ算を「times」というのと「How many times~」という言い方をするのは
なんだか同じことを言っている感じがする。
つまり、リンゴ2個が2回あったら、と言っているのではないか。

2 x 2=4 → 「リンゴ2個をもらった」が2回「あった」ので4個増えた
-2 x 2=-4 → 「リンゴ2個をあげた」が2回「あった」ので4個減った
2 x -2=-4 → 「リンゴ2個をもらった」ことを2回「なかったことにする」ので4個減った
-2 x -2=4 → 「リンゴ2個をあげた」ことを2回「なかったことにする」ので4個増えた

「リンゴをもらわなかった」というのは、0回。
マイナスは一度やったことを取り消す感じ。
「あげた」ことを「取り消す」と、手元に残るからプラスになるのかな。。。
ちなみに、数学的にはマイナス掛けるマイナスはプラスになる証明ができるとのこと。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。