フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneアプリから本を検索する方法

iPhoneアプリから本を検索する方法について調べてみた。幾つかのアプリでは実際にISBNやキーワードから本を検索しているものがあるので不可能ではないはずだ。むしろカンタンにできるのではなかろうか。。。とさえ思われたが?

検索といえばインターネット。今回やりたいことはインターネットに接続して情報を引っ張ることになる。書籍をいろいろひっくり返して調べると、どうやらNSURLを使うことでサーバへのリクエストを受け取ることができるようだ。リクエストの方法はURLの後ろにパラメータをくっつけて問い合わせることで要求が掛かる。リクエスト仕方はiPhoneアプリというより検索サービスを提供するサーバー側の仕組み。つまり、サーバーにアクセスするのはスマートフォンでなく、PCからでも同じ結果が帰ってくる。

それでは、どの検索エンジンを使えば良いのか。本といえばやっぱりAmazon。そしてAmazonは開発者向けに商品検索のAPIを公開している。なるほど、アフィリエイトを使ったWebサイト向けのサービスで準備されているわけだ。Amazonならば鉄板だろうと思いきや、色々調べてみるとAmazon APIはセットトップボックスを含むスマートフォンからのアクセスを禁止しているということだ。うーん、トラフィックが高くなることを懸念しているのだろうか。とにかくiPhoneからAmazonへの検索は現在のところ禁止されている。

次の検索エンジンの候補は図書館。図書館も蔵書を検索するAPIを公開している。これは使えそうかと思いきや、どうやらキーに図書館とISBNを指定したAPI仕様の模様。やはり図書館利用者向けの用途と考えておいたほうが良いだろうか。

次なる候補は楽天。楽天もAmazonと同じように商品検索のAPIを提供している。しかも書籍検索の専用APIを持っているのでこれは期待できそう。まず楽天会員になり、開発者登録を行う。開発者IDが発行されるので検索するURIのパラメータに追加するだけでカンタンに書籍の情報を取得することができた。試しに本(洋書)のタイトルで検索を掛けるとどうも和書ばかりヒットしてしまう。よくよく調べると、洋書検索用のオペレーションが別に準備してありこっちを使えば洋書ばかりヒットした。う~ん、楽天は開発側のニーズを良く分かっているなぁ。。。と関心してしまった。今度から楽天を応援しよう。

というわけで、iPhoneから本をキーワード検索する方法は「楽天を使う」ということで決まり。後は受領したXMLデータをパーサーで解析して画面に出せばOK。複数件ヒットしたときのために配列で受けてリスト形式で出すことになりそう。このへんは書籍にあたればサンプルは多いのでなんとかなると思われる。

カンタンそう、と思った割には意外と手こずって、やり方が分かってしまえばカンタンだったというお話。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。