フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと

たしかこの本は2冊目に読んだ。タイトルの通り作者が「iPhoneアプリをリリースするためにやったこと」が語られている。ちなみに縦書きの本でソースは一行も出てこない。アプリを作りたいんだけど、自分文系ですから無理無理・・・という人にもしっかりアドバイス。iPhoneアプリの本質はプログラムじゃないんだと言いたそうだ。

アプリを作るにあたっての心構えから、やる気を持続させる方法、情報入手のしかた等等、とにかくよく情報がまとめてある。プログラミングでよく参考にするサイトなんかも、しっかりこの本で取り上げてあった。何べんか読み返すと「こんなことも書いてあったよ」と発見することが多い感じの本。たとえば、YouTubeなどの動画を使って学習すると効率が良い、というトピックがある。今は動画なんて見るのめんどい!と思って見ようともしないのだけど、後々「やっぱ動画で見ると理解度が段違い」とか覆るようになるのかな。。。と思ってしまう。

しかし、この本を読むだけでは一歩も進まないのは確か。実際にツールを落として、コードをさわりはじめてからこの本を読むと実感が沸くことが多いかもしれない。いつもは読まないけど、たまに振り返って読みたい本。


C言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったことC言語すら知らなかった私がたった2か月でiPhoneアプリをリリースするためにやったこと
(2011/03)
またよし れい

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。