フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle for iPhoneのトラブル ~ 解決編

先日のKindle for iPhoneのトラブルについて、腰を据えて解決に当たってみた。
どれも分かってしまえば単純なもので。。。

その2.本が開けない。
設定画面から Deregister する。もう一度ログイン画面が出るので、Amazonアカウント&パスワードを入力する。以上で解決。Deregister するのがためらわれたが、一度消して入れ直す感じで直った。

その1.本が買えない。
こちらはクライアント(Kindle for iPhone)側にボタンはないので、WebのKindle Store側の操作に移った。実際、Kindle Store側に行くと、「Send Sample Now」というボタンがあるので対応できている風。

しかし、「Send Sample Now」をクリックしても、相変わらずiPhone側に文章が飛んでくる気配がしない。
「おかしいな~」と、何度かサンプルのダウンロードをトライしているとDeliver to 「Fuku's iPhone」となっているところがリスト形式になっている!ことに気がついた。

リストのボタンを「ぽちっ」と押すと「Fuku's iPhone」「Fuku's iPhone4S」「Kindle Cloud Reader」から選べるようになっているではないか!つまり、機種変更する前の「Fuku's iPhone」のほうに延々送ろうとしていたわけで。。。分かってしまえばこちらもカンタン。「Fuku's iPhone4S」を選んで「Send Sample Now」をぽち。iPhone側でKindle for iPhoneを開くとダウンロードが始まった!やった~!

うまく本が落とせるようになったので嬉しくて何冊かぽんぽんとサンプルを入れていく。するといろいろと発見がある。サンプルだと、Locationもサンプルの部分しかでないんだな~。全体のLocationがないと「Kindle本の語数カウント」の例題にならないな~・・・あと、「Page xx of YY」の表示が出る本と、出ない本がある。ひょっとして、児童書はPageの表示がでない?PBの1冊はサンプルでもページの表示がでてるんだな~ などなど。

電子ブックだからフォーマット的なものがそろっていると思ったけれど、意外にばらばら。さて、どうやったら語数を出せるかな。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。