フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneでグラフを描く

iPhoneでグラフを描くには幾つか手段がある。まずは手で書く。これは大変。次にライブラリを使う。うまく組み込めればすごく便利。そこで、以前からチャレンジしていたライブラリ「s7GraphView」を使ってグラフを描いてみることにした。テーマはもちろん「本」ですよ。

GraphSample_201203.jpg

緑の線が読んだ本の数字。これを1冊1000~9000語でランダムに散らします(たまに0が入るのはご愛嬌)。それを累積したのが青の線。並べて絵にすると、こんな感じになるんだ。。。100冊くらいデータを作ってみるとだいたい40万語くらいになるんだな~。思ったよりあっさりした絵になってしまい、どうしたらカッコいいかなと悩み中。
青い線の下は塗りつぶしにしたいとか、緑の線は棒グラフにしたらどうだろうとか、やってみたいことはたくさんある。しかし、「s7GraphView」だとどうも直線を引くのが専門で、グラフのバリエーションはあまりなさそう。。。折角ここまで描けたので他のライブラリに乗り換えるのももったいないな~、でもこのままだともう一歩。というわけでとりあえずブログに上げてみた。iPhoneらしくすっきりしたグラフに見えなくもない。どうだろう?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。