フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Troublemaker

Troublemakerはひさびさの本格(?)児童書。格好つけてペーパーバックばかり読んでいるが、最近なかなか読了できるものがなく、やや不調。こんなときこそレベルを落として児童書に行くのが多読の真骨頂のはずであるが最近児童書の情報収集をさぼっていて、うまくシフトチェンジできていなかった。そんなとき前回のオフ会でdさんに紹介いただいたのがこの本。半ば強制的に?置いていっていただいたもので、中味に対して先入観なしで読みはじめたのだが、とても面白く読めた。児童書ってすごい!ということを再認識した。

普段からイタズラばかりで校長室でお説教ばかりのClay。ある出来事をきっかけに『脱Troublemaker』を目指すのだが。。。

中盤からストーリーが佳境はいると時間を忘れて読んで、気が付けば最後のページだった。挿絵の鉛筆画は独特なタッチでとても好きになった一冊。

TroublemakerTroublemaker
(2011/07/26)
Andrew Clements

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。