フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pottermore

Pottermoreが一般公開されたらしい~という話を何となく聞いていた。いつかやろうと思っていたところ遂に先日スタートした。あ~はやく組み分け帽子やりたい!とはやる気持ちを抑えながらアカウント作成&ログイン。最初はなんだか「あなたは魔法使いの素質がありますか?」という審査が。おお、ここでスクイブだと分かれば魔法は使えない??しかしその心配は無用。Harry Potterらと並んで魔法使いの仲間になりました。ドキドキしながらPottermoreの世界に歩みを進めると、どうやら原作の世界が紙芝居のように進み、その中を探検できるという仕組みのようだ。はじめはバーノン叔父さんの家の通りPRIVET DRIVE、それから家の前、ハグリッドがMotorbikeでハリーを連れてくるところ。それぞれの絵の中にあるフィーチャーにマウスを合わせると絵が動いたり、アイテムを入手できたりする。物によってはJ.K.Rollingさんが書き加えた裏話なんかが読めたりする。しかし、とにかくテキストが多い。読んで読んで読みまくってHarry Potterの世界にどっぷり漬かる感じ。

ホグワーツから手紙が来て、買い物をしにDiagon Alleyへ。魔法書、小道具を買ったら最後に杖選び。杖屋さんの質問に答えて行くと杖が自分を選んでくれるという寸法。悩ましい質問にいろいろ答えた末、ユニコーンの杖になった。う~ん、普通? それから列車に乗って、付いたさきはHogwarts。ここでついにSorting Hatのイベント。ここでもいくつかの質問に答えて行くと、帽子が自分にぴったりのHouseを選んでくれる。グリフィンドール、グリフィンドール、グリフィンドール、、、と念じながら答えて行くと。。。『Gryffindor!』 やった、グリフィンドール! なんとなくRavencrowになりそう。。。Hufflepuffになったらどうしよう。。。と思っていたが。よかった!

それから杖を使った魔法の授業、魔法薬の授業、などなど魔法の授業を受けると自由に魔法が使えるようになる。どうも、魔法を使って他のHouseの生徒と戦ってHouse Pointを獲得したりできるようだ。魔法を使うにもキー入力したり、いろいろと操作が難しい。練習して慣れると巧く使えるようになり、魔法使いの練習ってこんなものかもね、って感じがする。魔法薬もたいてい最初は大失敗で煙がもくもくと。。。とにかくHarry Potterの世界を満喫できるのだ。

pottermoreのサイトはこちら。
http://www.pottermore.com/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。