フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Me against the TOEIC(2)

散々の結果に終わった6月のTOEICからおよそ1ヶ月。6月、7月という連続開催の月だったので折角ということで7月も受験した。前回の反省を生かし、リスニングの素材をABC RadioのPodastに変更(むしろこの期間はGlee断ち)。文法はGrammer in Use Intermediateを一日1セクション以上を目標にした。Reading素材は雑誌からGRや児童書のレベル3に変更し、スピードを重視して英文を読む練習をした。

TOEICテスト的に言えば、次のような作戦だった。
Part5,6を文法でカバー、Part7の長文に対する対策としてスピードを付けることにした。しかし、Part7の長文をいくら頑張ったところで限りがあるので、Part5,6の回答スピードを上げることこそが、Part7への対策になると考えた。結局、わかるものは10秒で答えられるし、わからないものは1分掛けてもわからない。わからない問いに時間をかけるということは、本来解けたはずの問題にかけるべき時間を失っているということだ。解けないと判断したら(A)を塗って次に進む。この時間感覚と割り切りは試験対策のテクニックの1つであるだろうが、TOEICに限らず何にでも当てはまるのではないだろうか?
Part1,2については、毎日ニュースを聞くことで対策になると感じた。ニュースの速度についていければそこそこの問に対応できるはず。Part1,2に関して言えば読むものがないのだし。Part2で言えば3択なのである程度消去法も利く。Part3,4については読みながら聞くのでテストのテクニック的に工夫のしどころではあるが、実はこの部分が最も反射神経を要するパートではないかと思う。瞬時に設問に目を通す。聞こえた内容をその場で判断する。問題を捨てる判断も即決即断。なにかとスピードがモノを言うと考える。

そうこうして受験した7月のTOEICであるが、先日Web上で発表された結果によると800点超えを達成した。たしかにリスニングも集中して回答できたし、Part5,6の語法問題も選択肢から「これしかない」と選べるケースが多かったように思える。どういうことかといえば、「この選択肢を選ぶと、この文はきちんとこういう意味が通る」と感じてマークしたものが多かったということ。

これまでより良くできていた感覚はあったが、800点超えは想像もしていなかった。発表前日までは600点台の人だったのに発表を見た瞬間から800点台の人である。英語の読み聞きには何の違いもないのに。変わった点といば自分の気持ち一つである。これまでに獲得したスキルを使って何をどのように活動するのか。スキルアップの結果テストや点数から離れた現実のコミュニケーション手段として英語を生かせることこそが本質ではないだろうか。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


[続きを読む]

TOEIC980 | 2012-08-26 (Sun) 18:38


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。