フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Mouse Butcher

The Mouse Butcherは今年の3月にさかいせんせーの本棚から頂いた本のひとつ。これまで多読をやってきたが話題に上がったのを知らない本だった。もっとも、自分が知らないだけで多読用図書として本棚に並んでいたので多くの人が手に取っているのだが。。。

このお話の主人公は猫。獲物を捕まえるのが得意な非常に優秀な猫である。舞台はかつて人間たちが住んでいたが今は動物達しかいない島。猫たちの他にネズミ、鳥、うさぎ、魚など捕り放題なのである。そしてこの主人公の猫。人間達が住んでいたときには肉屋に住んでいたため「Butcher」を名乗っているのである(医者の家に住んでいたので「Doctor」を名乗る猫もいる!)。その猫たちの冒険談。聞いたこともない本だったので半信半疑で読み始めたのだがとても面白かった。犬好きの自分としては、猫が主人公の話はそれほど引き込まれないのだけれど、珍しくストーリーを楽しんだ。犬好きの人も猫好きの人もOK。


The Mouse ButcherThe Mouse Butcher
(1999/01/28)
Dick King-Smith

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。