フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラえもん100

昨日2012年9月3日は、ドラえもん誕生前100年前だったとという。ドラえもんの誕生日は22世紀で2112年でなんだ、まだ100年もあるんだな〜と。でも100年先は自分では見れないので想像するのにはちょうどよい距離感ともいえる。100年前記念ということで発売されたこの雑誌、ドラえもんが100話収録されている。数ページの話もあれば、コロコロの別冊に載ってたような長編もあり盛りだくさんである。100話のうち8割がたは最初の数コマ見ただけでどんなひみつ道具が出て、どんなオチだったかすぐに思い出せる。ちょうど読んでた時期と重なり、ドラえもん世代まっただ中なんだと実感する。ドラえもんには普通の話、しょうもない話、ちょっと良い話と本当に様々である。やはり、のび太が未来を見に行って「俺、がんばるけん」と改心する話が良い話だと思うなー。名作と名高い「のび太の結婚前夜」も収録あり。「45年後・・・・・・」は今回初めて読んだがこれも良い話。一度最終回になった「さようなら、ドラえもん」ももう一度読めてよかったと思える話だ。子供の頃は気にしていなかったけれど、ドラえもんは当時の子供たちの共通フォーマットだったと思う。今回の100話も当時子供だった大人たちを狙い撃ちのセレクションだ。少年・少女の心を持った大人たちが昔に戻れるタイムマシンのような一冊であると言える。


ドラえもん100 2012年 09月号 [雑誌]ドラえもん100 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/08/20)
不明

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。