フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネスペ23

これまで1回もブログに書いていなかったが今シーズンはネットワークスペシャリストを受験する。このブログを読み返すと2008年の試験改正前に最後に受験している。3年ぶり、試験改正後は初の受験となる。前の受験のときは試験勉強をしながら覚えたことを整理してブログに書いたりしていたけれど今回はその余裕なし。自分が認識していたよりもネットワークの分野で扱うことが多く「知らないことだらけ」なのである。例年のように教科書を一通り読むのだが一向に理解度が深まる感触がしない。過去問を解いてもなんとなく腹に落ちてこない。困ったな・・・と思い別の参考書を探しに本屋を立ち寄ったところ、ちょっと見かけない装丁の本が並んでいる。「ネスペ23」。興味本位で手にとってみるとコラムに面白いことが書いてある。へーこんな本があるんだ、と思い一旦本棚に戻すものの気になって結局その日に購入してしまった。

ネスぺ23 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説と合格のコツネスぺ23 本物のネットワークスペシャリストになるための最も詳しい過去問解説と合格のコツ
(2012/07/07)
粕淵 卓、平田 賀一 他

商品詳細を見る

最初はものめずらしさで買ってみたのだが、この本は良くできている。ネットワークスペシャリスト試験の問題本文に対して丁寧に説明を付けている。ほとんどの参考書は問題文に対し、こういう考え方でこう解く、という調子である。それに対し「ネスペ」では問題文に紹介されたネットワーク構成、それぞれの機器について丁寧に解説をしているのだ。重要な基礎技術については巻末に飛ばして解説が付いておりとても丁寧に書いてある。「ネスペ」をじっくり読み込むことで、ネットワークに関する基礎知識がに足りていないことがわかった。解説してあることを一つ一つ積み上げていくことでネットワークスペシャリスト試験で問われている問題の前提や、設問のポイント、注意すべき点に目が向くようになった。「ネスペ」では字数制限つきの設問に対する適切な解答のしかたについての注意が何度も繰り返しでてくる。的を外した答えをすると点にならないことが理解できない受験者が多いということだろうか。試験に対する心構えを身に着けることができる。そして最も「ネスペ」が特徴的なのは「ネットワークスペシャリスト」という人物像のイメージを具体的に描いているところである。とても現実味がありこの試験を通してどうなりたいかというモチベーションにつながり前向きに試験に取り組むことが出来た。

そして試験は来週。あと一週間。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。