フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクニカルエンジニア(ネットワーク)

平成13年の新試験制度移行により、「ネットワークスペシャリスト」は
「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」として平成20年までの8年間、
エンジニアの羨望の眼差しを受け続けてきた。
今から8年前といえば、ちょうど2000年。Windowsも95ではなく、
MEや2000へ切り替わりPCはスタンドアロンで動作することは考えられなくなった。
通信回線も、モデムによるダイヤルアップ接続、テレホタイム(23:00~)、
PHSによるPHIAFS通信でインターネットへ接続しており、常時接続ではなかった。
ISDNは常時接続であるが、ADSL回線との干渉による速度低下問題があり
メジャーにはなることはなかった。

2000年前後はADSLの導入時期であり、常時接続によって本来のWWWサービスの
真の魅力が引き出されようとしていた。通信機器も開発が進み、安価で
高速なサービスが提供されるようになった。光ファイバによるギガビット通信、
IPv6、VoIP、IP電話など、IP技術が盛んにサービス化された。
そんな時期だからこそ、『ネットワーク』と冠した資格には何か
「これは押さえといた方がいいんじゃないか?」みたいな魅力というか、
半ば「これやっとけば鉄板」という雰囲気が付いて回っていた。
そこで、通信をかじった自分も受験してみようという気になるが
実は、ネットワークの構築、運用、障害対応、セキュリティなど
幅広く押さえておく必要があるのである。

2008年、来年の試験制度改正を前に最後の「テクニカルエンジニア(ネットワーク)」
試験が行われる。時代は光ファイバによる高速大容量通信、
無線LANによるワイヤレス接続、動画配信など便利なサービスも増えてきた。
セキュリティ技術の向上で電子決済も普及し、Web上で買い物もできる。
ブログ、ホームページも自由に選べる。レンタルサーバーも独自ドメインも何社もある。
普段意識しないで使っているサービスも、ネットワークという基盤技術の上に
成り立っているのは言うまでもない。

試験試験と考えるとどうしても視野が狭くなってしまう。
ここは一つ、知識の棚卸から始めよう。結果は後から付いてくるものだ。

情報処理教科書 テクニカルエンジニア[ネットワーク]2008年度版 (情報処理教科書)情報処理教科書 テクニカルエンジニア[ネットワーク]2008年度版 (情報処理教科書)
(2008/03/12)
山下 真吾

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。