フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BookStocker

iPhone用アプリの記念すべき2作目がApp Storeにならんだ。名前はBook Stocker。
BSICON-512.png
カメラでバーコードを読み取り、本のタイトル、著者、出版社と表紙のサムネイルを探してくる。
キーワード検索でタイトルや著者を探すこともできる。

本はこんな感じで「ストック」。
BookStocker.jpg


【こんな風に使ってみよう】

①オフ会で紹介された本をメモるときにストック

②新聞や雑誌のレビューで面白そうだなと思った本をストック

③自宅にある本をストック

気になった本、持ってる本のリストをいつも持ち歩くことができる。
本屋さんや図書館で「あの本なんだったけ~」「この本持ってたっけ??」いうときに便利。


【このアプリのセールスポイント】

その1.すぐに使えること
よくある蔵書管理アプリはアカウント作ってログインしてからサービスが使える。
今回のコレはアカウント作成なし。ダウンロードしてすぐに使い始められる。

その2.フォルダー分けができる
iPhoneの中にデータを持っておくはいいけど、全体の一覧だけだとどうしてもそのうち見づらくなる。
そこで今回作ったのが「フォルダーわけ」。
フォルダーを作って、本を移動することができる。メールのフォルダー分けをイメージするとわかりやすい。

その3.入力不要
カメラでバーコードを写して、ISBN検索。結果をメールにして飛ばすまでタッチだけで操作できるようにした。
(もちろん、事前にメールアドレスの設定をしていれば、だけども)


【この先にあるもの】

バーコードで本を特定して、タイトルを探せるようになった。
次はやっぱり語数が探せるようになるといいな~~~
ISBNから語数を検索できるようなAPIがあるといいんですけどね ;-)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。