フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜中に急に本が読みたくなったときのための10の解決法

突然、今、本を読みたくなるということがあります。街の書店が全て閉店してしまった、amazonでお急ぎ便を注文しても最速明日、そんなときはどうするか。。解決方法の一つとして電子書籍を手に入れて読むことがあります。今日はamazonでどのように本を買うか、どうやってデバイスまで落とすかについて書いて見たいとおもいます。『この方法がBest』とまではいきませんが、『こうやったらiPadまで本が届いた』という一つの道筋が描けたらと思います。それでは、順に追っていきましょう。

Step1. 本を買う。
まずはamazonのkindle storeに行きましょう。
Googleに「amazon com kindle store」を入れてkindle storeのURLを探します。

http://www.amazon.com/kindle-store-ebooks-newspapers-blogs/b?ie=UTF8&node=133141011

このようなアドレスでstoreにいけると思います。

アカウントをお持ちの方は、右上のSign inから進みます。このとき注意するのが、amazon.com向けのアカウントを使うことです。私が以前、amazon.co.jpと.comの両方のアカウントを持っていて、同じID, パスワードにしていたところ、kindle storeで買い物ができなくなったことがありました。それ以来.com側のパスワードを変えて使い分けできるようにし、洋書をkindleで読むならば、.comのアカウントで買うようにしています。

Sign inするとamazon.comのトップに移るので、先のURLをもう一度叩きましょう。Kindleの写真がでてきてそれっぽい画面が出ると思います。検索バーもKindle Storeになっています。試しに、Oddkinsを探してみましょう。

amazon_pic2.jpg




出ました。
画像をクリックして書籍の画面に進みます。
amazon_pic3.jpg


Kindle Editionの価格がでています。これがでれば通常のBookではなくKindleを購入する画面に来ています。

そして注目すべきは右側です。
amazon_pic4.jpg


いつもの1-Clickで購入するボタンの下にDeliver To:があります。どのデバイスへダウンロードしますか、ということですが、ここに何かでていないと先に進めません。つまり、この先はKindleのハードや、iPhone, iPad, Macのデバイス側でKindleアプリの準備が必要になるということです。Step2.でデバイス側の準備を進めましょう。


Step2. Kindleアプリをインストールする
iPadを例にします。やるべきことはおよそ次の2つです。

①iPadのApp Storeでkindleアプリを検索し、ダウンロードする
②アプリを起動してアカウントを入力し、「このkindleを登録する」の操作を行う

ポイントとして、②の登録先は、Step1.でSign inに使った、.com向けのアカウントを使うことです。


「ipad kindle アプリ」で検索すると、とてもよい解説サイトがでてきます。
こちらなど、参考になると思います。(手を抜いたと言わないで・・・)
http://www2k.biglobe.ne.jp/~t_muto/ipod/howto_book_amazon_kindle.htm



Step3. アプリを購入する(最初はお試しも)
Step2.の作業が成功すると、Step1.の画面にDeliver To:で自分のiPadが表示されるようになります。最近知りましたが、MacにもKindleリーダーがあり、ダウンロードすることができます。(ちなみに1アカウント、1コンテンツあたり6台までダウンロード可能のようです。)

ここでDeliver To:が表示されればいつもと同じように1-Clickで買い物ができますが、Kindleのすごいところは『Try it Free』でお試しダウンロードができることです。こっちを押すことでページ数が最初の10ページ等に限定された本を無料でダウンロードすることができます。試し読みをして、良かったら買ってネというamazonの戦略ですが、Try it Freeを読みきったらほぼ100%、有料版を買っています。amazonは商売上手です。


Step4. さあ、読みましょう!
1-Clickで決済またはTry it Freeで本をデバイスに送る手続きが済んだら、今度はデバイス側で操作します。iPadのKindleアプリを再起動、更新などをすると先ほど送る手続きをした本の表紙がでていると思います。そいつをタッチすると、インターネットを通して本のダウンロードが始まり、無事読めるようになるという仕組みです。

いかがでしょうか。
私は、Step2.をやらずににStep1.の画面を開き、どうやったら買えるんだろう???と悩んだ経験があります。誰かに教えてもらっていれば話は早いんですけどね。この記事が何方かのお役に立ちますように。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

御礼です!

フクさん、ありがとー!

やはり書いてもらって初めてわかることがあります。とても助かりました。

MOMA親爺 | URL | 2013-05-12 (Sun) 12:09 [編集 ]


MOMAさんこんにちは~
iPadで読めるようになりましたネ!
お役に立ててよっかったです;-)

fuku | URL | 2013-05-12 (Sun) 12:32 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。