フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶひままんさんのメルマガで「大統領選に出た男の子の話」が紹介してあり、お、これ面白そう!と思いKindle買いしたのがこの本。そう、ご覧の通り続編の方を買ってしまいました。。。


The Kid Who Became PresidentThe Kid Who Became President
(2012/06)
Dan Gutman

商品詳細を見る


しかし、続編から読んでも問題なく面白い!

大統領に就任したMoonは早速相棒のLaneを相手に「そろそろ公約の宿題をなくす法案に取り掛かろうか~」。しかし、大統領の一存では法律を変えることができない。議会があって、裁判所があってはじめて法案が通るのだ。大統領 = 地上で最もパワフルな男のはずだがさっそくその限界を感じるのだ。13歳のMoonは大統領になっても勉強から開放されない。White Houseに住んでいるため学校には通えないが代わりに家庭教師の先生が教えにきて宿題をどっさり出してくのだ。。。しかもその先生の話の長いこと。アメリカ史を有史以前から教えていくのだが一日掛けてようやくIce Ageに辿りつくのだ。そのことをLaneに愚痴るとなんとアメリカ史を10分で要約してくれるのだ。この要約アメリカ史は必読。もちろん10分版なのでかなり端折っているのだが400年が詰まっていて、よくまとめたなと思ってしまった。全編を通して笑いあり、アメリカ社会のネタありで飽きさせない。面白い本だ。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。