フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whispers

Dean KoontzのWhispersを読んだ。今年読んだKoontzの「ODDKINS」繋がり+Mさんから「Koontzといえば昔Whispersを読んだよ」という話を聞き、それでは一つ読んでみようかと手に取ったのがはじまり。Kindle版があったので、それではKindleで読んでみるか、安いし!という軽~いノリでスタートした。しかしこれが本のページ数にしてP500にも及ぶ超大作。夏ごろから読み始めてようやく今になって読み終えたのだった。長かった!

やけに時間が掛かったのはiPhoneのKindleアプリでちまちまと読んでいたせい、というのもあったのかも知れない。先月まででようやく半分まで来たぜ!という亀ペースで読んでいたのだけれど、新しく発売されたKindleを使い始めてからそれこそさくさくっ!と読み始めたのだった。買ったばかりのNew Kindleを使いたい、という珍しさのモチベーションもあったかもしれないが、確実に読むスピードが上がった!というより、iPhoneの小さい画面でペーパーバックを読むことに無理があったのかもね。。。

さて、このKoontzのWhispersはどんなジャンルかといえばミステリーより、スリラー。登場人物もそれほど多くなく、それほど混乱なく読めるとおもう。ただし、心臓の弱い方にはオススメできないなぁ。

WhispersWhispers
(2001/06/12)
Dean Koontz

商品詳細を見る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。