フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26データベーススペシャリスト受験の記録

今年の春季試験は久々のDBを受験した。前回受験は2010年なので4年前。過去の記事に遡って読んでいくが、2010年の受験結果がどうだったか書いていない。不合格だったのは確かなんだけどね。記憶によると、午後対策ばっかりやってたのに午前で点数が足りずに不合格?当時のことは覚えているようであまり覚えておらず、一から総復習した今回の試験。出来はどうだったのか。2014 DB試験 in 福工大。天気は朝から雨模様。

午前Ⅰ 免除。朝食に鮭定食を食べてゆっくり現地入り。1時間違うとかなり楽。
午前Ⅱ IPAのサイトに解答が掲載されたので早速採点。1問ミスの96点。
前回の反省が生きたとオモワレ。
午後Ⅰ 選択は①と②。①はバグ管理システムの問題で業務内容はよく分かった。答えも書けた。
しかし時間を使いすぎた。
②は大急ぎで解いたものの、半分ほどしか書けず時間切れ。
時間配分誤りというありがちなミスをしてしまった・・・
午後Ⅱ 気を取り直して、というか午後Ⅰはパスした体で午後Ⅱに集中。
選択問題は②。②は毎年データのモデリングについての設問なので②で勝負。
時間配分に気をつけつつ、積極的に解答欄を埋めていく。
それでも設問3の(2)の一部を最後に書き残して時間切れになってしまった。
9割は書いたのでまずまず力は出し切った模様。

ということで、午後Ⅰのペース配分に失敗したところが一番のネック。ここを通過していれば、午後Ⅱは見込みあるんだけどなー。50点とか、55点とかで午後Ⅰ不合格になっていそう。といいつつ、実は午後Ⅰは通ったけど午後Ⅱで落ちることも無いわけではない。後は結果を待つばかりなのであまり悩まないことにしよう。今年の受験勉強で、第一、第二、第三正規形の考え方ががっちりはまった。概念データモデルのE-R図の描き方もなんとなくコツをつかんだ。サブタイプの作り方や、リレーションの引っ張り方とか、IPAの人は多分こうさせたいんだな、というのが分かるようになってきた。その辺は収穫があったとしよう。合格発表は二ヵ月後の6/20(金)。発表があると次はすぐに秋季試験(NW)がやってくる。しばらく本を読んだり違うことをしようかな。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。