フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペナンブラ氏の24時間書店

「ペナンブラ氏の24時間書店」を読んだのは昨年のこと。きっかけは「ビブリオバトル」。多読のグループで「ビブリオバトルをやってみましょう〜」というイベントがあり、そもそもビブリオバトルって何だい?というところから始まった。ビブリオバトルにつてはウェブサイトで紹介されてあるのだが、簡単に言うと5分のプレゼンで本を紹介し、一番読みたいと思った(思わせた)本が優勝と言うもの。ウェブサイトに上がっている動画では2014年の決勝の様子が紹介してあったのだが、ここでチャンプ本になったのがこの「ペナンブラ氏の24時間書店」。プレゼンを見ていて、本当に読んでみたいと思ったのだ。

ペナンブラ氏の24時間書店
ロビン・スローン
東京創元社
売り上げランキング: 287,894


主人公はIT上がりの若い男。ベンチャー企業をクビになって一風変わった書店の店員を始めるのだが。。。
本、Google、ハドゥープ、特異点、そしてファンタジー(たぶんドラゴンランス)やらを一冊に詰め込んだとても今風な感じの本。ただただ飽きさせず、最後まで楽しく読んだ。これは書き残しておきたいな〜と思った一冊。久しぶりに書いたので色々手間取ったけど何とか書けたかな。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。