フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワーク、見えてきた!?

午後の問題を解いて、解説を読む。
印象として、歯が立たないわけではない、といったものだ。
4~5年前だろうか、ネットワークを受験した当時と感触が違う。
「問題が分かる」気がする。何の話をしているか通じるのである。

純粋に用語を知っているかを問うものは知らなければ解けない。
これは知識量を増やしていけば対応できる範囲だ。
問題文で「~~の構成では問題があるので、~~という変更をした」
とあり、『どんな問題があったと考えられるか?』といった事例解析の
問いに対しては、想定外の答えが少ないと感じている。
全問、ずばり正解というわけではないが、大体分かるのだ。
問題文を読んでるうちに、ああ、この構成はココがまずいねえ、
というのが気になってくる。そうすると大体そこが問いになってくるのだ。

昔は、フレームリレーの料金表か何かを出しておいて、
「このネットワーク構成だと料金はいくらいくらで~」みたいに
ちょっと理解がついていけない問題が多かった。
年々問題が変わってきたのか、自分のチカラがついてきたのか。
それとも、わかった気になっているだけなのか。。。
ひょっとしたら、文章の理解力が上がっているのかもしれない。
9月に必死で本を読んだ成果がここになって現れたか。。。
一ヶ月やそこらで変化がある訳がないのだが、
読書の習慣をつけてきたか、そういったところが利いているのかも知れない。

どちらにしろ、用語の知識が足りていないことは明らかだ。
あと2週間を切った。どこまで追い込みができるか勝負の時期である。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。