フクの非日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26データベーススペシャリスト受験の記録

今年の春季試験は久々のDBを受験した。前回受験は2010年なので4年前。過去の記事に遡って読んでいくが、2010年の受験結果がどうだったか書いていない。不合格だったのは確かなんだけどね。記憶によると、午後対策ばっかりやってたのに午前で点数が足りずに不合格?当時のことは覚えているようであまり覚えておらず、一から総復習した今回の試験。出来はどうだったのか。2014 DB試験 in 福工大。天気は朝から雨模様。

午前Ⅰ 免除。朝食に鮭定食を食べてゆっくり現地入り。1時間違うとかなり楽。
午前Ⅱ IPAのサイトに解答が掲載されたので早速採点。1問ミスの96点。
前回の反省が生きたとオモワレ。
午後Ⅰ 選択は①と②。①はバグ管理システムの問題で業務内容はよく分かった。答えも書けた。
しかし時間を使いすぎた。
②は大急ぎで解いたものの、半分ほどしか書けず時間切れ。
時間配分誤りというありがちなミスをしてしまった・・・
午後Ⅱ 気を取り直して、というか午後Ⅰはパスした体で午後Ⅱに集中。
選択問題は②。②は毎年データのモデリングについての設問なので②で勝負。
時間配分に気をつけつつ、積極的に解答欄を埋めていく。
それでも設問3の(2)の一部を最後に書き残して時間切れになってしまった。
9割は書いたのでまずまず力は出し切った模様。

ということで、午後Ⅰのペース配分に失敗したところが一番のネック。ここを通過していれば、午後Ⅱは見込みあるんだけどなー。50点とか、55点とかで午後Ⅰ不合格になっていそう。といいつつ、実は午後Ⅰは通ったけど午後Ⅱで落ちることも無いわけではない。後は結果を待つばかりなのであまり悩まないことにしよう。今年の受験勉強で、第一、第二、第三正規形の考え方ががっちりはまった。概念データモデルのE-R図の描き方もなんとなくコツをつかんだ。サブタイプの作り方や、リレーションの引っ張り方とか、IPAの人は多分こうさせたいんだな、というのが分かるようになってきた。その辺は収穫があったとしよう。合格発表は二ヵ月後の6/20(金)。発表があると次はすぐに秋季試験(NW)がやってくる。しばらく本を読んだり違うことをしようかな。

世界基準で夢をかなえる私の勉強法

多読オフでmさんからご紹介いただいた一冊。勉強本はここしばらく読んでいなかったけれど、珍しく読んでみたいと思った。どのへんに興味をそそられたかというと、独特な勉強のしかたである。


世界基準で夢をかなえる私の勉強法世界基準で夢をかなえる私の勉強法
(2013/03/07)
北川智子

商品詳細を見る


まずノートの取り方について。ノートは1講義にプリンタ紙を1枚だけ準備。分かることは頭に入れて、ノートには分からないところを後で辿れるようにするための簡単なメモだけ書くようにする。頭のいい人のメモの取り方かな〜と思うんだけれど、筆者曰く、特にIQが高いとか、特別記憶力が良いという訳ではなく、普通の人でも出来るやりかた、だそうだ。訓練次第でできるようになるかな。。。

勉強の仕方もはじめて聞く、ユニークなもの。勉強したことを定着させるために公園でぼーっとして過ごすとか。覚えたことを辿って思い出すことで記憶に残るようになるそうだ。自分のやりかたは正反対。がむしゃらに詰め込んで詰め込んで詰め込むだけ。時間を取って思い返すことがない。実は、このへんが自分の応用力が足りない理由ではないだろうか。家の近所にはぼーっとするのに最適な公園がある。これは試してみたい。

「急がば回れ」という話も興味深い。英語のテストで点数を取るのに英語のテスト勉強をしないということだ。焦りはしないだろうか?このやり方で本当に英語のテストがパスできるのか、不安ではなかったろうか? また、他のテストだったら どのようにしたら良いのだろう?数学のテストで点数を取るのに、数学のテスト勉強をしないならば何をしたらよいのか?

思うに、なかなか簡単に応用することはできないが、自分でじっくり、対象のテーマについて考えてみるということが著者のやり方ではないだろうか。例えば、ネットワークの試験をやるんだったらネットワークに関する基礎は勉強するのは必須だろう。その上で、どのようにネットワークが使われていて、どういったことに応用できて、導入するときの問題はどんなことがあるのか、ということを自分で考えを進めていけるようにする、ということが「急がば回れ」ということになるのかな。

とにかく、凄くできる人だという印象を受けた。「忘却力」の考え方も素晴らしい。本書で紹介されている一連の勉強法は、著者の北川さんが自分で考え、編み出したというところが一番すごいと思う。

WindowsXPサポート終了について

2014年4月にはMicrosoftによるWindowsXPのサポートが終了します。そのまま使って動かないことはないけれど、セキュリティホールが発見されても対策なしよ、ということであれば事実上そのまま使うことは諦めたほうがよいです。ということで、どこの家庭でも「いま使っているXPどーすんのよ?」という問題が起こっています。

どこも大変ねーと思っていたら実は我が家にもWindowsXPマシンが2台。おっと、余所の心配をしている場合ではなかった。時間の取れる年末年始でひとつ対策を打つことにする。OSのサポート切れという問題に対し、解決策は大きく3つ。1つにそのPCを破棄する。2つに新しく買い替える。3つにOSを入れ替える。最初の2つの場合は話は簡単。鬱陶しいPCとさっぱり縁を切るか、最新マシンへ乗り換えるのがよいでしょう。今回のテーマは第三の手段。OSの入れ替えを敢行しよう!というもの。

では、WindowsXPの代わりに何を入れましょう?同じくMicrosoft製品で行けばWindows7や8.1へ移行します。先を見越してWindows8を¥3,000で買えた懸命なユーザーを除き、およそ¥12,000の出費を要します。これは痛い出費となりましょう。加えて、WindowsXPは10年ばかり活躍したOS。一昔前のPCではXPは動くけれど7や8はスペック的にちょっと。。。というケースもあります。そこで! LinuxOSを提案します。

UbuntuはLinuxのディストリビューションの一つで扱いやすく、日本語の情報も豊富。書店に行けばインストールディスク付きの雑誌、専門書が販売されており、頑張れば一からLinux PCを立ち上げることができることでしょう。導入はできるとして、OSが変わって今までPCでやっていたことができるのか、その点はチェックが必要でしょう。メールやインターネットであればLinux用ソフトがカバーしています。WordやExcelならば完全互換とはいかないまでもOpenOfficeがその仕事を受け継ぐことでしょう。画像加工や年賀状、住所録といった個別のソフトになると、やりたいことができるかそれぞれ評価をしましょう。概ねできるとは思いますが、互換性、使い勝手が違ったりしますので。

移行のときに問題となるのがバックアップ。PC内のデータは一旦外に逃がしておきたいところ。写真やデータは外付けハードディスクなどにコピーします。頭が痛いのが、それまで使っていたアプリケーションの中のデータ。簡単に言えばメールソフトの住所録。データの書き出しなど面倒ですが丁寧に準備をしましょう。

今回、自分のPCを1台移行して失敗(?)したのは、iTunesのバックアップ。自分のPCはWindowsXPからWindows7に移行したのだが、更新インストールではなく、初期インストールでWindows7を入れた。理由としては、もともとWindows7のモデルをXPにダウングレードして使っていた点と、更新インストールの手順がよくわからず、面倒で初期インストールでえいっと入れてしまったため。その結果、何が起きたかというと、WindowsXPで入れていたアプリがすべて消えてしまった。iPhoneのバックアップに使っていたiTunesも入れ直し。もともとMacに移行するつもりだったので音楽データ、写真は全部バックアップしていたので実害はないのだけど、「あ、消えちゃったね〜」と予想外の結果になりました。XPのサポート期限はあと3ヶ月ありますが、余裕を持ってバックアップ&移行をしましょうね、というお話でした。

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

一年以上寝かせていた本を年末年始に読了。この本のタイトル、シンプルな表紙、そしてアップル本ということでおもわずジャケ買いしてしまったが、本腰を入れて読むまでに時間が経ってしまった。ジャケ買いのためこの本に何が書いてあるかよく理解せずに買ったのだが、読み始めてほどなく、マーケティングについて、そして主にアップルが出した広告について書かれている本であることを理解した。著者はNeXT時代、ジョブス復帰後のアップル時代に広告を担当した人物。客観的にアップルがどのような道を辿ったか、その活動の元になることは「シンプルという考え方」だということを一冊の本を通して語っている。主にスティーブ・ジョブスが登場するが、ジョブスがとういった人物だったかというより、どういう考え方をしたかを中心に語っている。ジョブス語録になっていない点が本書の素晴らしい点だと考える。


Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
(2012/05/23)
ケン・シーガル

商品詳細を見る


この本が語っているのは、NeXT時代、ジョブスが復帰してiMacが発表された頃、そしてiPod、iPhone、iPadを発表した時代までである。その時代の戦う相手は、Microsoftであり、DELLであり、Intelであった。きっとその時代はAppleは他のコンピュータはMPUを販売するどの企業よりもSimpleさを発揮して巧く立ち回っていたのだろう。SimpleさはAppleの象徴だった。それは過去の話である。現在のiPhone、iPadの製品ラインアップを見るとシンプルでないと言わざるをえない。iPhone5CやiPad miniといった間違った選択をしないようにユーザーは注意して製品を見なくてはならなくなった。

スマートフォンをこの世に送り出したAppleはAndroidに追随され、優位性を失いつつある。Appleのお家芸であった革新的なアイデアを具現化する第一歩はGoogleに先を越されている。Google Glassといったウェアラブル製品にAppleは第一歩を踏み出していない。攻めの立場であったAppleは守りの立場に変わっているようだ。自分が今のApple製品で良いと思っているところは、製品全体の統一感を一つ上げる。Mac、iPhoneなど接続性がとてもよい。ただし、OSを最新版に保っている場合に限るけれども。ぜひともAppleには昔のSimpleさを維持しつつ、わくわくするような次の体験をさせてほしい。

H25 ネットワークスペシャリスト(NW)の結果

H25年度ネットワークスペシャリストの結果。

午前II:72点
午後I :75点
午後II:57点

というわけで、残念ながら今年も突破ならず。
H24年も午後IIが57点と、肝心の午後IIの点数が変わらないのがよくないところ。
この1年間、基礎固めを合言葉に用語からネットワークの基本概念を中心に勉強してきた。
その成果として午後Iが10点ほど上がったのは良しとしよう。
確かに、用語の穴埋めやら自信を持って書けるようになっていたし。

今回の午後IIに反省点が無かったかといえば、確かにある。
設問3までに時間を使ってしまい、設問4、5に十分時間を使うことができなかった。
確かにそういったところは失敗したかな、と。
後は。。VPNを使う上で利用者が多すぎるとVPN IDを使い切ってしまうという問題は
解を思いつかなかったな、というところなどを反省。

ということで、次の一年間は「応用力」をつけることを目標としよう。
やはり自前でLinuxのサーバーなどを立てて実際に設定すると身に付くのだろう。
そんな取り組みをしていきたく。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。